すいんくの特徴


すいんくの療育・活動・訓練・その他

1.放課後は、ゆったり、自律神経を整える療育

学校で沢山頑張ってきた後は、身体のメンテナンスも必要です

スヌーズレンは、感覚に働きかけるプログラム


欧州でスヌーズレンは、重症児にとってポピュラーな
セラピーの一つです。


光、香り、触り心地
不安を取り除き、自律神経を整える働きもあるとされています


2.お休みの日は、みんな笑顔になれる、集団プログラム

クッキングや音楽療法、活動的なゲームや創作活動

楽しみながら、それぞれの個性に合わせておこないます


3.機能訓練の実施

通院先のセラピストと問う事業所のセラピストが連携し、

 

お子様に適した、無理のない
機能訓練をおこないます


4.お子様が楽しんでいる間に、保護者の方々も・・・

日中のプログラムでお子様達が楽しんでいる間、
think
 welfareが提携している陶板浴に行くことも可能
要予約、定員あり


また、大人向けワークショップの開催もあり、
お子様だけでなく保護者さまも色々学んでいただけます


主なサービス内容

多彩な感覚療育

専門職がお子さまの感覚を育むお手伝い

★保育士・元支援学校教員(幼・小・特支免許所持)

医療的ケア 療育をサポートするための医療的ケアを主治医の指示のもと行います 
機能維持 感覚を育てるだけでなく、セラピストによる機能訓練も行います
散髪サービス ボランティア美容師による、散髪サービスも実施予定です
保護者皆様にも癒しを…

様々なイベント、交流会、ワークショップの開催等

お子様だけでなく保護者様も楽しめるイベントを考えています

全員が主役 季節を感じられる創作活動、ひとりひとりの個性に合わせた方法で参加します